非加熱ハチミツは販売していますか?|養蜂場から見た基準と実際

非加熱ハチミツ販売していますか?|養蜂場から見た基準と実際

お客様

非加熱ハチミツは販売していますか?

 

最近、お客様からこのような質問を
よく頂くようになりました。

 

そこで、今回は非加熱ハチミツについてお話をしていこうと思います。

 

 

そもそもハチミツって加熱するの?

 

まずは言葉の意味を調べてみましょう。

 

加熱=熱を加える事

 

熱=あついこと。肌に感じるあつさ

 

引用元:goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/)

 

調べなくてもわかるようなことですが、
この意味が凄く重要なのです。

 

この辞書で調べた意味を元に
加熱ハチミツを解説すると

 

体感的にあつい温度を加えたハチミツ

 

という事になると思います。

 

体感的にあついと感じる温度は
人それぞれだとは思いますが、
50℃くらいではないでしょうか?

 

という事は50℃以上の温度を
加えたハチミツを加熱ハチミツと
言えるのではないでしょうか。

 

 

加熱ハチミツとはこんなハチミツ

 

実はあります。

 

一部の海外産のハチミツは、
ミツバチが熟成させる前の蜜に
高熱を加えて水分を飛ばしたものを
ハチミツとして販売しています。

 

本来ハチミツとは水分が多い
花の蜜がミツバチ達の体内を通り
酵素が添加され、ミツバチ達が
羽で仰ぎ、水分を飛ばし糖度が
78%以上になったものを言います。

 

そうです。

 

それらの加熱ハチミツは
本当のハチミツではないのです。
※法律上はハチミツの分類になります。

 

また、水分が蒸発するほどの高温では
せっかくのハチミツの栄養価や風味が
飛んでしまい糖蜜のような状態になるのです。

 

健康の為にハチミツを食べても
そのハチミツ自体に栄養価がない
という本末転倒な事も無いとは
言えないんですね。

 

 

非加熱ハチミツとは?

 

では、非加熱ハチミツとは
どのようなハチミツのでしょうか?

 

店頭や催事やお電話などでお客様に
お話を聞いているといわゆる生ハチミツ
非加熱ハチミツと言っていると思うのです。

 

なら、生ハチミツとはどんなものか?

 

実は養蜂業界には本来、
そんな言葉は無いのですが、
色々なサイトなどを見てみると
おおむねこの様なハチミツを
生ハチミツと呼んでいます。

 

○生産された時の状態のままのハチミツ
○必要以上に濾過していないハチミツ
○熱を加えていないハチミツ

 

なぜ、非加熱ハチミツが良いのか?

 

ハチミツには酵素がありますが、
酵素は熱に弱く48度以上で死んでしまいます。

 

また、栄養価も壊れるものも出てくるので
ハチミツに入っている栄養価をすべて
摂りたいと思っている方には非加熱は
とても重宝されるのです。

 

ただ、すべての酵素や栄養素が
壊れるわけではないので、
そこまで気にしなくても良いのかな?
って僕個人では思っています。

 

とは言っても、加える温度は少ない方が
良いというは間違いない事ですがね。

 

 

太田養蜂場は非加熱ハチミツなのか?

 

結論から言ってしまえば、
当店では加温しております。

 

当店では現在、37度程度の
温度で湯せんをしております。

 

なぜ湯せんするのかと言うと、
保管用の一斗缶の中で
ハチミツが結晶してしまう事と
結晶しなくても寒さで固くなり
瓶詰作業に支障が出るからです。

 

また、加熱というのは最初に
辞書で調べた通り、
体感的にあついと感じる温度を
加えることを言いますので、
加熱とは少し違うように思い
加温と言う表現を使っています。

 

『それって加熱だと思います』

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

当店では加温という表現を
使っておりますが最終的な
判断はお客様にゆだねております。

 

 

表現方法って自由です

 

当店が加温ハチミツという表現を使うように
表現方法ってウソやあまりに紛らわしいのを
除けば基本的に自由なんだと思います。

 

本来は無かった非加熱ハチミツや
生ハチミツという表現も自社の素晴らしい
商品をよりたくさんのお客様に届けたい
と言う思いから作られた表現方法です。

 

また、正式な基準は非加熱ハチミツや
生ハチミツにはありませんので、
例えば当店の加温しているハチミツを
非加熱ハチミツとして表現する事も
可能だという事になります。

 

ですので、もし貴方が一切の
温度を加えていないハチミツを
お探しでしたら非加熱の
名前だけではなく加温していないか?
などを聞く必要があります。

 

なお、僕の知る養蜂場では
ハチミツの風味や栄養価が
壊れるような温度では加温しません。

 

だって自分たちが汗水たらして
生産したハチミツをわざわざ
風味を飛ばして販売したいと
思いませんからね。

 

ですので、大きなこだわりがなければ
一般的な養蜂場のハチミツを
ご利用いただければと思います。

 

 

まとめ

 

水分が蒸発するほどの
高い温度をかけている
ハチミツがあって、それらは
ハチミツ本来の風味や栄養価が
大きく損なわれている。

 

そういう話があるので、
非加熱に注目が集まっている。

 

また、健康志向が高まっているので
ハチミツ本来の栄養や酵素を
摂りたいという人が増えてきているので、
需要が増えつつあります。

 

ただ、当店のような養蜂場は
栄養価や酵素が壊れないように
低くい温度でハチミツを湯せんします。

 

そのことを当店では加温と伝えております。

 

加温と言う表現をしておりますが、
受け取る方によっては加熱と
捉える場合もあります。

 

また、当店が加温と表現しておりますが
正式な規定がない非加熱ハチミツは
企業によっては加温しているハチミツでも
非加熱や生ハチミツとうたう事が出来ます。

 

もし、温度を一切加えていない
ハチミツを選びたいのであれば
店員に質問をする必要があります。

 

ただ、何度も言いますが養蜂場が
販売しているハチミツの多くは栄養価や
風味が壊れないように温度に気を使って
湯せんをしているので栄養価などが
大きく損なわれていることは
まず無いと言えるでしょう。

 

また、信頼できる地元の養蜂場を見つける事も大切です。

 

もし、見つからない場合は
お住いの都道府県の
養蜂協会にお問合せください。
養蜂協会リスト
※引用元:日本養蜂協会HP

 

 

ハチミツって実はあいまいな部分って
たくさんあるんですね。

 

よくコンビニとかで見かける
ハチミツ入り飲料にも
そのあいまいさが出ています。

 

↓  ↓  ↓

 

 

そのあいまいさをハニートラップと呼んでいます。

 

 

最後まで読んでくださり、
心より感謝いたします。

 


page top