はちみつって体に良いっていうけど、どう良いの??

はちみつって体に良いっていうけど、どう良いの??

はちみつって体に良いって言うけど、

 

本当のところどうなんでしょう?

 

 

など、いくつか質問を、

 

読者の方にいただきましたので、

 

回答していきます。                                                   

 

 

@寝る前にはちみつをスプーン1杯なめてから寝ると、
寝ている間に脂肪を燃焼するって、本当ですか!?

 

 

私が調べたやり方は、

 

寝る前にはちみつを大さじ1杯を、

 

そのままかお湯などに溶かして飲むだけというもの。

 

 

肝心の効果ですが、ありそうですね。

 

 

人間は寝ているときでも脳が心臓や呼吸、

 

ホルモンの分泌をするために働いて、

 

脳が働くためには[糖質]というガソリンが必要で、

 

その[糖質]は体内に入ったら1部は肝臓に蓄積されます。

 

 

蓄積される[糖質]が少ないと、

 

寝ている間にガス欠状態に陥ってしまうんですね。

 

 

特にダイエットなどで食事の量が少なくなってしまうと、なおさらです。

 

 

ガス欠状態になると。脳は筋肉を[糖質]に変えてしまい、

 

それが不眠や代謝を妨げることになります。

 

 

そこで、はちみつが登場です!

 

寝る前に飲むことで、

 

寝ている間のガス欠を防ぎ代謝や脂肪の燃焼をサポートするそうです。

 

 

これは、ちょっと試してみたいと思っています。

 

結果は、逐一報告していきます。

 

 

 

あと、はちみつをダイエットに使う場合、

 

普段の砂糖などの甘味料をできる限り、

 

ハチミツに変えるというのもおススメです。

 

 

『はちみつって取りすぎると太るんじゃ・・・。』

 

 

と、アナタは思うかもしれませんが、

 

実は!!はちみつは太りにくいんです!!

 

 

 

はちみつの主な成分のブドウ糖や果糖は単糖類で、

 

体内で素早くエネルギーに変わるため、

 

脂肪として蓄えられにくいのです。

 

 

以上が、ダイエット効果に関して調べたものです。

 

お手軽にできるダイエットなので、試しにやってみるのも面白いのでは、ないでしょうか?

 

 

A はちみつって、体にいいイメージがありますが具体的に何がいいんですか?

 

 

はちみつの効能は多くあります。

 

ここでは代表的なも取り上げて行きたいと思います。

 

疲労回復
ダイエットの質問のところでも出てきましたが、

 

はちみつの成分のブドウ糖と果糖は単糖類で体にすぐ吸収されて、

 

即エネルギーに変わるので疲労回復に効果があります。

 

 

更に酢やレモン汁などと合わせるとより効果的です。

 

 

消炎作用
強力な殺菌作用があるはちみつは、

 

消炎作用にも優れていて、

 

薬が発達していなかった時代には、

 

傷ややけどの治療にも使われていました。

 

 

他にも口内炎などにも効果があります。

 

 

胃腸の調子を整える
消炎作用によって荒れた胃を癒し、

 

腸の活動に欠かせない善玉菌を増やす効果があります。

 

 

ですので、

 

善玉菌の代表ビフィズス菌が多く含まれる、

 

ヨーグルトと一緒に取ると効果抜群です。

 

ノドの調子をよくする
殺菌作用でノドの調子を整えます。

 

更に大根をはちみつに漬けて、

 

その汁を飲むと咳止めとしての効果があります。

 

 

などです。

 

 

他にも安眠効果や血圧を下げる効果などがあります。

 

 

はちみつには、
こんな効能があるんですよ。

 

はちみつに関する一番のお悩みの解消法はこちら

 

↓   ↓

 

あの現象の話です。

 

 

 

本日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

更新が不定期なブログですが、また読んでいただけると嬉しいです。

page top