イントゥ・ザ・ウッズの感想【ジョニー・デップ狼がGOODです】

イントゥ・ザ・ウッズの感想【ジョニー・デップ狼がGOODです】

イントゥ・ザ・ウッズを観てきました。

 

最悪のディズニー映画なんて、
酷評もめにしましたが、
以外に面白かったですよ。

 

 

 

キャラクターがGOOD

 

ジョニー・デップが赤ずきんの、
狼役で出演していましたが、
いやらしく笑うずる賢い狼を、
うま〜く演じていて、

 

『死んじゃうのもったいないなぁ〜』

 

なんて思いました。

 

 

また、役者名は知りませんが、
王子兄弟がでてきますが、
この二人がそれぞれ思う相手、
シンデレラとラプンツェルへの、
気持ちを表現するシーンが、
めちゃくちゃ笑えます。

 

 

なぜ、はだける!!

 

 

ツッコミを入れてしまいそうになりました。

 

 

親と子供そして家族・・。

 

この物語は子供を愛するあまりに、
しばりつけてしまう親の末路、
子供が親への依存と自立の間で、
葛藤をしていく様子が描かれています。

 

また、自分の利益と他人の不利益を
天秤にかけるような場面もありました。

 

 

『人間って勝手だな・・・。』

 

 

なんて思いましたよ(僕もそうなんですがね)。

 

 

最後にびっくり!

 

ハッピーエンドで良かったね、
っていう感じで終わりそうになるんですが、
まさかの大波乱でびっくりさせられました。

 

 

『えぇぇェェェェェェ〜〜〜〜〜〜!!!!』

 

 

って心のなかでシャウトしちゃいましたよ。

 

 

 

この映画は「これでもっか!!」って
くらい現実を見せてくれているんだな
って僕は思っています。

 

 

親・子供・家族

 

一番向き合わなければいけない人、
だけど一番向き合いにくい人。

 

この映画にはそんな大切な人と、
向き合って一緒に幸せに生きていく、
ヒントがあるように感じました。

 

 

よくあるディズニー映画のような、
夢の様なメルヘンさは少ないけど、
現実に生きている僕達の、
等身大を描いている映画

 

 

そう思います。

 

 

お時間あるときに家族で、
見て欲しいなって感じます。

 

太田養蜂場も家族経営なので、
DVDが出たら父(社長)や、
母と見てみようかな・・・・。

 

 

なんかキモいですがね(笑)

 

 

 

映画の物語も面白いですが、
コチラの物語もドラマがありますよ。

 

↓    ↓

 

 

強くも儚い物語

 

 

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

失礼します。

 

 

page top