鹿児島〜北海道をミツバチ達と爆走して到着しました。

鹿児島〜北海道をミツバチ達と爆走して到着しました。

鹿児島〜北海道

 

これを見て多くの方は旅行を、
想像するのではないでしょうか?

 

ですが違うのです。

 

これは太田養蜂場の社長・母・次男が、
3人でトラックで移動した区間です。

 

移動距離を測るために、
ナビタイムで経路を、
検索してみると・・・。

 

 

 

・ ・ ・ ・。

 

 

この距離を社長と弟の二人で、
給油や食事などを除いて、
爆走してきました。

 

 

止まりたくても止まれない

 

この時期、ミツバチの移動は本当に、
神経を使います。

 

ミツバチは熱にとても弱い生き物で、
外気温が25度を超えると暑くて、
巣箱の中に閉じ込めている蜂たちが、
騒ぎ始めます。

 

蜂たちが騒ぐとさらに巣箱内の温度が上がり、
その熱がほかの箱に伝わっていくのです。

 

そして、温度が上がりすぎた巣箱内では、
ミツバチ達が次々と暑さのあまり、
蒸し死にしていきます。

 

最悪、ミツバチ=財産を、
失うことになるのです。

 

止まれば直射日光や外気温の、
影響を受けてミツバチ達が騒ぎ、

 

あっという間に・・・。

 

これを防ぐ為につねに走り続けて、
通気窓に風を送り込んであげるのです。

 

また、箱と箱の隙間にドライアイスを入れて、
暑さを少しでも和らげるような工夫も、
行っています。

 

鹿児島〜北海道の移動となると、
とても気を使うことになるんです。

 

 

臨戦態勢に入りました

 

そんなこんなで鹿児島〜北海道と、
移動してきたあとハチミツを採るために、
勝負をかける蜂場(ほうじょう)に、
ミツバチ達を設置していきます。

 

つまり、臨戦態勢に入ったという事です。

 

今年は鳥取では大不作に見まわれ、
アカシア・レンゲ蜜はダメでした。

 

秋田も例年よりは採れ高は見込めない状況。

 

なので、

 

せめて北海道だけは!!

 

という思いで天に向かって、
念を飛ばしまくっています!

 

ぜひ、太田養蜂場を応援してくださっている、
あなたにも念を飛ばしていただけたらと、
そう願っております。

 

やることを探しても見つからないくらい、
暇な時があったらで良いので、

 

空に向かって

 

「はちみつ採れろ〜〜!!」

 

「天気にな〜れ〜!!」

 

と念を飛ばして頂ければ嬉しいです。

 

では、まとまらないままですが、
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

 

あっ、そういえば以前、
こんな記事も書いてましたね。

 

↓   ↓

 

ミツバチになりたいって話?です。


page top