ミツバチの汗と涙の結晶だけど違うもの【はちみつでよくある現象】

ミツバチの汗と涙の結晶だけど違うもの【はちみつでよくある現象】

ミツバチの汗と涙の結晶・・・。

 

 


と言えば、はちみつを始めとする

 

蜂産品(ほうさんひん)で、

 

それらは人間の健康に役立っています。

 

 

ですが、はちみつを利用する方を、

 

悩ませるものがあります。

 

 

それは、はちみつの結晶です。

 

 

『1年前に貰ったはちみつがあって、

 

 それが真っ白に固まっちゃったのよ

 

 これってもう捨てるしかないの?』

催事に行くとこのような質問を、

 

よくいただきます。

 

 

結晶について知らないお客様が、

 

以外に多いということを、

 

実感をしました。

 

 

そこで今回はハチミツの結晶について、

 

お話していこうと思います。

 

 

 

なんで結晶するの??

 

 

結晶する理由はハチミツに含まれる成分が、

 

大きく影響しています。

 

 

ハチミツの成分の8割が糖で、

 

そのほとんどがブドウ糖と果糖で出来ており、

 

結晶はブドウ糖が原因で起こるんです。

 

 

また結晶する温度ですが、

 

寒ければ必ず結晶するわけではなくて、

 

温度でいうと摂氏5〜14度で結晶して、

 

−18度以下になると、

 

ほとんど結晶しないんです。

 

 

『え!!嘘でしょ??』

 

 

結晶をテーマにしたので、

 

しらべてみたのですが、

 

まさか低い温度で結晶

 

しないなんて・・・・。

 

 

お恥ずかしながら、

 

私は知りませんでした。

 

 

はい、一から勉強しなおします。

 

 

なんて、思いながらも

 

本当に結晶しないの・・?

 

本当はするんじゃないの?

 

と自分の勉強不足を、

 

無かったことにしようと、

 

実験をしてみましたw

 

 

用意したもの

 

○はちみつ試食用のシナ蜜
○冷凍庫

 

1、はちみつを冷凍庫に入れる

 

2、一晩以上放置

 

3、その結果は・・・?

 

 

おぉ!?

 

何じゃこりゃ!!

 

はちみつ,結晶,ミツバチ,溶かし方,対策,現象,白く

 

 

水飴みたいになっています。

 

 

そして、結晶はしておりません。

 

はちみつ,結晶,ミツバチ,溶かし方,対策,現象,白く

 

 

なるほど〜。

 

 

味はどうだろう・・・?

 

パクッ!!

 

・・・・・

 

 

・・・・

 

 

・・

 

 

うまい!!!

 

 

シナ蜜特有のハーブの様な、

 

爽やかな風味は変わらずに、

 

思わず『んふ〜。』と、

 

ため息をつきながら、

 

味わってしまいましたw

 

 

味も変わらず、結晶もしない。

 

 

この方法はハチミツの、

 

長期保存に使えるかも・・?

 

 

そう思ったので、

 

しばらく冷凍庫で状況を、

 

見守ってみます。

 

 

今回の実験では、

 

ハチミツは冷凍庫に入れても、

 

結晶しないどころか、

 

凍らずに水あめのように、

 

固くなるという事がわかりました。

 

 

今後はポリ容器で、

 

冷凍保存しつづけ、

 

ポリ容器の欠点である、

 

容器の香りがハチミツに移る

 

というのが起こるかを、

 

調べていきたいと思います。

 

 

あっ、今回実験に使った、

 

ハーブの様な香りがする

 

はちみつの詳細は下記から、

 

ご覧になれますよ。

 

 

↓   ↓

 

 

シナ蜜の真相とは・・・?

 

 

それでは今日は

 

以上となります。

 

 

最後まで読んでいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

P.S.

 

ハチミツの結晶の対策法ですが、

 

触れられるか触れられないか位の、

 

温度で湯せんをして頂くと良いです。

 

 

ただ、加熱しすぎると、

 

風味や成分が変わってしまうので、

 

ご注意くださいね。

page top