エルニーニョ現象と冷夏と養蜂【悪夢の夏】

エルニーニョ現象と冷夏と養蜂【悪夢の夏】

エルニーニョ現象が5年ぶりに起こるようですね。

 

 

このエルニーニョ現象に養蜂関係者はメチャクチャ怯えています。

 

 

なんせ、冷夏になることが多いだけではなくて、

 

台風が多く曇りの日まで増えるからです。

 

エルニーニョ,現象,冷夏,養蜂,はちみつ

冷夏や悪天候に怯える理由

 

冷夏で気温が上がらず、悪天候で晴れる日が少ないと、

 

ミツバチの働きが悪くなってしまいます。

 

 

ミツバチは寒かったり天気が良くないと働きが悪くなってしまい、

 

まったく蜂蜜が採れなくなるんですね。

 

 

 

さらに雨だとまったく巣箱から出ません。

 

 

 

また、蜜源植物(はちみつが採れる植物)の生育が悪くなってしまいます。

 

 

この様な理由で蜂蜜が採れなくなるので怯えているんです。

 

 

 

5年前に味わった悪夢

 

5年前のエルニーニョ現象の時、当養蜂場は悪夢を見ました。

 


なぜなら、続く悪天候でミツバチがの働きがとにかく悪く、

 

当養蜂場のメインはちみつと言っても過言ではない、

 

ホワイトクローバーの生育も最悪でした。

 

 

 

また、ホワイトクローバーは牧草の採草地に多く、

 

悪天候で刈った牧草を取り込むことができなかったようで、

 

いつまでも刈った牧草がそのままになっていて、

 

 

 

そうなると、刈った後に生えてくる2番花が咲くことができずに、

 

はちみつを採る花がないような状況になっていしまいました。

 

 

この年は、はちみつを採るどころか、

 

逆にミツバチが自活できなくなったミツバチを救うために

 

エサの砂糖を与えていましたね。

 

 

 

 

『これがもう一年続いたら出稼ぎに行くしかないかね・・・。』

 

 

 

 

祖母のこの言葉を忘れられません。

 

 

 

養蜂と天気の関係

 

 

このように、養蜂と天気は本当に密接な関係があります

 

 

天気が続けば蜂が働き、花が育ちやすいので、

 

多く蜂蜜が採れる。

 

 

逆に悪天候が続けば、蜂の働きも花も悪いので、

 

はちみつがまったく採れない。

 

 

 

『養蜂業はある意味、博打かもなぁ〜。』

 

 

 

そう5年前の時は心底感じました。

 

 

 

『今年のエルニーニョの影響はどうなんだろう・・・。』

 

 

正直、不安です。

 

 

ただ、

 

私たち養蜂業者は、

 

自然に生かしていただいていると言うことを、

 

肝に命じながら仕事に励もうと考えております。

 

 

 

 

はちみつを採るために手塩にかけたミツバチ。

 

 

天気で採れない苦しみもありますが、

 

こんな苦しみも養蜂をしていると味わうことがあります。

 

 

↓   ↓

 

 

ミツバチ大量殺戮兵器とは・・・?

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

page top